忍者ブログ
― カフェオレ大好きの私がホッと一息つく Cafe Time・・・そんな日々の独り言を綴った日記です ― (写真作品等はメインサイトの方からお入り下さい)
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2.jpg  3.jpg

5.jpg      2005.6fana.jpg      6.jpg


759a86c2.jpg      batafana.JPG     179e1155.JPG

DSC00599.JPG


     17年間 家族同様に過ごしてきた愛犬ファナが

   10月2日午後5時10分に安らかに逝きました。


我が家に来た時 息子達はまだ小学生。 2人と一匹 仲良く育ちました。
毎夏キャンプをしてた頃も 一緒に連れて行ったし
雪遊びする時も 雪まみれになりながら転げまわってました。
息子達が成人をし、次男が横浜に就職して家から独立しても
帰省するごとにファナは大喜びで甘えていました。

10歳頃には お腹に腫瘍が出来て 2回の手術を受けました。
子宮と卵巣を摘出して 一時は死ぬかと思ったけど何とか乗り切った。
婦人科系の手術では ファナの方が私よりも先輩だったね・・・(苦笑)

あれから7年・・・老いには勝てず 目は白内障でほとんど見えなくなりました。
今年の暑かった夏を乗り切った後に ガクッときたようで歩くのさえ
ヨタヨタとおぼつかなくなり 10日ほど前から食事をしなくなりました。
そして4日前ほどからは水も飲まなくなり・・・・
起き上がることも出来なくなって とうとうオムツをさせることに・・・
それでも 向きをかえて欲しくなると 鳴いて私を呼びます。
撫でてやると パタパタと尻尾を振って喜んでいました。
夜中に何度も鳴いては私を呼び そのたびに一緒に居て体を撫でたり
抱っこしたりしてなだめてやりました。

夏の終わり頃に病院で診てもらった時 もう長くはないという事は判ってました。
最期は病院ではなく 家で逝かせてやりたかったので あえて入院させずに
手元で看取ることに決めました。

最期の数日 私は家から一歩も出ずに傍に居て 製作中の写真本の構成を
しながらファナと過ごしました。
亡くなる1時間ほど前に やっと完成し、レイアウトをプリントアウトして
「出来上がったよ♪」と隣で寝てるファナに報告すると 弱弱しかったけど
尻尾を振って答えてくれました。。。
最期は私が全身を撫でてやっている時にキュンと一声、私を見て鳴き
眠るように息を引き取りました・・・

手のひらで感じていたファナの息遣いがだんだん弱くなり・・
そして呼吸しなくなり・・・ でも心臓はまだ動いていて・・・
慌てて息をさせようとしたけれど ふきかえす事はありませんでした。
心臓の鼓動も徐々に弱くなり・・・・苦しむことなく安らかに逝きました。
今年の夏 17歳になったファナ・・・
中型犬では 長生きだったと思います。

家族やファナを可愛がってくださった人達にメールでその事を伝え
横浜に居る次男は 電話してきて電話口で泣いているのが判りました・・・
この夏に帰省した時 ファナの散歩をしてやったのが最後だったもんね。
長男は朝方仕事から帰って来て 冷たくなったファナをずっと撫でていました。

今朝 9時にペットの葬儀屋さんが来てくれてお見送りしました。
お棺には 大好きだったリンゴと餌とお菓子・・・
それに 庭に咲いてる花と大事に育てているバラを入れてあげました。
写真に写ってるイントゥ・リーグの赤いバラが 今ちょうど見事に咲いて・・・
午後に火葬になるそうです。
今日は秋晴れの良いお天気です。
きっとこの青空を 天国に向けて元気に走って駆け上がっていくことでしょう。

製作中の私の写真本 構成が出来上がるのを待っててくれたファナ。
この本はファナに捧げます・・・

17年間 幸せな時間をありがとう!!

PR
私の大切な娘・・・ と言ってももう17歳。人間の歳にすれば90歳をとっくに越してる老犬だけど・・・
数週間前から元気が無く、ここ1週間は老衰がどんどん進んでいっている。
もう満足に歩く事もできず 餌も食べない。
かろうじてお水は飲むけれど それすらも辛そう・・・
3日前から とうとうオムツをさせることにしました。
一度横になってしまうと自力では起き上がれないからです。
起き上がりたくなると 力ない声でキュンキュン鳴きます。
夜中に何度もその声で起き、体の向きを替えてやったり 立ち上がらせてやります。
フラフラと歩くけれど 同じ所をグルグル廻ったり、狭い所に頭を突っ込みたがります。
足の踏ん張りが効かないので ちょっとした事で倒れてしまうので
後から補助をして行きたい所を好きなだけ歩かせています。

2日間私は家に居なかったのだけど 帰って来て横になってるファナを撫でてやると
私だと判って尻尾を振ってくれます。
きっと・・・・ もうすぐお別れの時間が近づいている事を彼女も判ってるのかもしれません。

今年の夏は暑かったけれど それを乗り越えてくれたからホッとしてたんだけど
もう・・・秋の終わりまでは持たないでしょう。
ううん・・・・ それどころかこの調子なら ここ1週間持つかどうかかな・・・
可愛がっていた次男は この夏帰ってきた時にはまだ元気な状態で逢えて良かった。
暮れの休みには もう逢う事は出来ないでしょう・・・

夏の終わりに病院でも もう長くは無いという事は言われていて判っていました。
でも まさかこんなに急に弱るとは思わなかったけどね・・・(-"-;)
後は自宅でみんなが居る所で 最期を看取ってやりたいと思います。
地震直後の右往左往する気持ちから少しは落ち着いてきました。

被害を受けた柏崎から遠い札幌で 私が右往左往してもしょうがないのだけど
時間が経つにつれてニュースで流される情報がどんどん詳しくなり
それに伴って 事の重大さがひしひしと伝わってきます・・・

今日で4日目になり ニュースもあまり長い時間柏崎の情報を流さなくなってきた。
チャンネルをあちこち廻しつつ 何処もやっていない事にガッカリしたり
新しいニュースが無いという事は まずは悪い知らせはないんだろうなと思い直したり・・・

昨日の朝 母と電話が繋がり 少しだけ話が出来たけれど 
自宅に繋がっている母の命のような洋装店の店舗は 手がつけられない状態にまで内部が壊れたと言っていた。
ショーウィンドウは全て粉々に壊れ 天井のシャンデリアは無残に落ち、
花を生けていた大きな瓶が割れたために店内は水浸し・・・そこに商品の生地や洋服が散乱し
足を踏み入れる事すら危ないという事で 片付けはしないでそのまま放置して廃業するしかない。。。
お店の3階にある縫い子さん達が働く作業部屋も 工業用のミシンが全て倒れて壊れ 使い物にならないとのこと。。。
地震があった日はちょうどお店もお休みだったので 3階で働いてる人は居なくて良かったと思うけど・・・

自宅の方では100年以上前の蔵が家の中にあり 仏間として使用してるのだけれどDSC00031.jpg
3年前の地震の時に一部壊れたので100万掛けて綺麗に修復したのに
今回の地震で またかなり壊れたということだった。
私にも想い入れのある蔵・・・小さい時はずっとその仏間で寝ていたから・・・・
今は あの重い蔵の扉が外れかけて危険なので近寄れないようだけど
父母は 何とかしてまた修復すると言ってる。 その想いに頭が下がります。

この写真は3年程前に法事があって実家に帰った時写したもの。
綺麗に修復された後のものです。
蔵の扉の奥にチラッと見えるのが仏間です。
この重い扉が地震で動き 蝶つがいが外れてぶら下がった状態になってるそうな・・・・
考えただけでも いかに凄い揺れだったのか判ります。

前の日記にも書いたけど 怪我をしなかっただけでもラッキーな事です。
電気は通ったようで 少しだけ安心ですが まだ水とガスが来てないので
不自由な生活をしてるでしょうね。
下の弟の家は半壊したけれど 庭にテントを張り日中はそこで過ごし
夜には残った部屋に入って寝ているということでした。 子供達もまだ小さいし
お嫁さんのご両親と一緒なので皆さんの心労が気がかりです・・・。

両親は元気とはいえ父は80歳になるし母も77歳です・・・。
遠くに居る私が何の手助けも出来ないもどかしさに 毎日心が痛みます・・・
せめてもの想いで 一番好きなものを絶つという願掛けで
実家が落ち着くまで 写真を撮る事を辞めました。 
こんな事を私がやっても 何の足しにもならないでしょうが・・・(-"-;)
余震が収まって 柏崎に入る交通手段が確保されたら行ってみようと思います。




6月の第一日曜日の夜には パパさんが東京に行ってしまう。
もう1週間を切っているのに 実感が沸かない・・・・

まだ引越し荷物の支度をしていないせいなのだろう。
だって まだ引越し先が決まらないんだもん(-"-;)
当分は 会社の近くにホテル住まいをして 
休日に引越し先を決めるとのこと。
当分は帰ってこないだろうなぁ~~~。
でも当分ってどのくらい? 本人に聞いても判らないらしい(苦笑)
詳しい事を聴いても 漠然としか答えてもらえず どうにも歯がゆい。
その「当分」の間の洋服など どれくらい持っていくのかなぁ?
ジーンズ業界なのでスーツではないのです。
着道楽・靴道楽なパパさんなんでセレクトするのが大変そう。
でっかいスーツケースを用意しておかなくちゃ!!
まぁ子供じゃ無いんだから(あたりまえ)何とかするでしょ。

以前の2回の単身赴任時は 最初に住む場所を決めて
引越しをきっちりとしてからスタート出来たので 
私も自分の仕事を考慮しながら予定を組んで荷物作りや引越し手伝いが出来た。
でも 今回はそうじゃない・・・・。 
引越し先が決まらないから 何を買ったら良いのかも判らない。
間取りに合わせた収納用品を買わないと とんでもない事になるしね。
ましてや 電化製品が揃ってるタイプのマンションを選んじゃえば
買っても余計な出費になっちゃうし・・・。
こういう時 私の性分の「仕切りたがり屋」は 手も足も出ない~(苦笑)

でも 私よりも当の本人であるパパさんの方が大変なんだよね・・・。
明日の30日から東京に行くまでの間は 札幌営業所の引越しもあるし
かなり体力的にも精神的にも疲れると思います。
私も6月に入って いつ東京に呼び出されるか判らないので
戦々恐々?としてなくちゃならないなぁ・・・。

今まで自分の楽しみの事ばっかり考えてたけど 
暫くは写真に集中できそうもありません。
っつうか そんな事してたらパパさんに申し訳ないよね(;´▽`A アセアセ・・・
50代も半ばに差し掛かる年齢での単身赴任。
私もパパさんも慣れた東京ではあるけれど 若い時のものとは違って
体調管理が心配です。
定年まで あと6年とちょっと。 何とか体を壊さないで頑張って欲しい。

何だろう?!今までになく(笑)心配してる私がここにいます・・・

9日10日と仕事兼野暮用で出掛けていました。
いつも履いている歩きやすい靴を履いて行けば良かったのに 
ちょっと洒落っ気を出して 普段履かない靴を履いて行っちゃった・・・
歩くだろうなぁとは予想してたけど これでも大丈夫とタカをくくってたのが悪かった
靴ずれしちゃって ☆⌒(>。≪)いた~い!!

教訓・・・・ 洒落っ気を優先するべからず(-"-;)うぅ・・・
アクセス数
Profile
HN:
Nonnko
年齢:
59
HP:
性別:
女性
誕生日:
1957/08/17
趣味:
写真・ゴルフ・海水水槽
自己紹介:
札幌在住で写真を趣味にしている主婦です。
趣味が高じて たまにお仕事をさせてもらっています。

こちらのブログでは写真以外のことを主としてUPしています。
よろしくお願いします♪
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/10 Nonnko]
[09/10 Nonnko]
[09/10 たらふく]
[09/10 パインテール]
[09/07 Nonnko]
[08/27 Nonnko]
[08/26 たらふく]
[08/22 たらふく]
[08/13 Nonnko]
[08/12 とい]
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]